企業情報

ホーム > 企業情報 > CSR活動

CSR(企業の社会的責任)の取り組みについて

むか新は企業の社会的責任を果たし、社会の発展に貢献していきます。

主な活動についてご紹介いたします。

安全・安心な街づくり

ひったくり防止カバー取り付け ひったくり防止カバー取り付け ひったくり防止カバー取り付け

【ひったくり防止カバーの配布・取り付け】
大阪府は、2013年のひったくりなどの街頭犯罪の年間認知件数が全国ワースト1位と不名誉な記録となっています。
少しでも防犯に役立てばと考え、「ひったくり防止カバー」の配布・取り付けを行っております。
地域の防犯活動の一環として、警察、レディース防犯関係者様との配布・取り付け、また、むか新各店ではご来店されご希望されたお客様には、ひったくり防止カバーをお付けしております。
※数に限りがございますので、終了の際はご了承ください。

地元の子供達の豊かな表現力を育む

鹿島和夫先生 あのね文庫詩コンクール表彰式 あのね文庫詩コンクール表彰

【あのね文庫 詩コンクール・あのねフェスティバル】

地元の子供達の感性や情操を高め、心からあふれ出る豊かな表現力を育むため「あのね文庫 詩コンクール」を開催しております。
子供達の感性を育てる「あのねちょう教育」の創始者である、泉佐野市出身の鹿島和夫先生監修のもと、泉佐野市文化振興財団と共催で、あのね文庫 詩コンクールを開催しています。
“あのね”とは、子供達の感性や情操を高める教育と子供達の素直な表現の象徴ととらえ、先生に許可をいただき、“あのね”をつかわせていただいております。
また、あのね文庫 詩コンクール表彰式当日は、地域の方々に楽しい一日をお過ごしていただけるよう「あのねフェスティバル」と題して、作品の展示、写真展、鹿島先生の講演、泉佐野市少年少女合唱団の合唱やオペラ歌手 晴雅彦さんを招いてのミニコンサートなどのイベントを開催しております。
※開催年によってイベント内容は変わります。

鹿島和夫HP/『あのねちょう教育』~ 鹿島和夫のホームページです。~

美化活動

アドプトロード アドプトロード アドプトロード

【アドプトロード】
「アドプト」(ADOPT)とは、英語で「養子にする」という意味です。
身近に利用する道路を自分たちの子供のように育てていくというコンセプトのもと、市民グループや企業等の方々の賛同を得て、道路の一定区間の清掃や緑化などの美化活動を継続的に実施していただくもので、道路管理者(各土木事務所)、参加される団体、および地元市町村の三者で、参加団体の美化活動の内容や、道路管理者・市町村の協力・分担内容などを定めて協定を結ぶものです。※大阪府HPより
泉北店、和泉の国本館、岸和田店、羽倉崎店、堺本館がアドプトロードの認定を受け、道路の美化につとめております。


社会福祉活動

社会福祉活動 

【社会福祉法人 いちょうの森さまの活動への支援】
泉佐野市日根野に、社会福祉法人いちょうの森さまの施設があります。
そのなかに就労継続支援事業B型の施設「ふふふ」があり、ここは、一般企業就労が難しい方、仕事をすることで社会的自立を目指したい方へ、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行う施設です。
ここに当社のお菓子のパッケージに折り目をつける作業など、簡単な作業をお願いしています。
またそのほかに年末年始にむか新の店舗を飾る「餅花」も、ここの利用者の皆様の手によって作っていただいています。障がいを持つ方々に、社会とのつながりを持つ機会を少しでも増やせるように、これからも支援活動を続けてまいります。


CSR活動

CSR活動の内容はこちら

企業情報