新着情報

ホーム > 新着情報 > 【季節のご案内】和泉の国だより 2月号 - しょこら饅頭/うぐいす餅

2017.02.13更新

【季節のご案内】和泉の国だより 2月号 - しょこら饅頭/うぐいす餅

和泉の国だより 2017 2月号 しょこら饅頭

 

むか新のチョコレート饅頭をもっとおいしくしたい…その思いからうまれた、「しょこら饅頭」。チョコレートの風味が増して、よりおいしくなりました。
なめらかで口当たりのよい餡は、白餡に最上級クーベルチュールチョコレートと、スイスフェルクリン社製の高品質なココアを贅沢につかって練り上げた、濃厚な味わいが特徴です。チョコレートが芳醇に香る餡は、生地で包む直前にもカカオ成分が高いチョコレートを加えることで、焼き上がってからもチョコレートの濃厚な味わいがそのまましっかりと感じられます。火加減や餡の様子を職人がじっくりと見ながら、しっとりと炊き上げていきます。
餡を包んだ生地は、一旦冷蔵庫で寝かせてからオーブンで焼き上げます。常に焼き加減や形を見ながら、温度や時間を調整して焼き上げていく気の抜けない工程です。こうして、生地と餡がよくなじんだ、まるで生チョコのようなお饅頭へと仕上がります。

 

 

和泉の国だより 2017 2月号 うぐいす餅

 

 早春の頃、優雅にさえずる鶯は別名「春告鳥」とも呼ばれ、春の訪れを告げる縁起のよい鳥として古くから親しまれてきました。
「うぐいす餅」の名前は、豊臣秀吉が天正年間(一五八〇年代の頃)、招かれたお茶会の席で献上された餅菓子を、「大変おいしい」といたく気に入り、鶯に似たお菓子の見た目から「うぐいす餅」と命名したのが由来のひとつとされています。
現在でも、鶯の声が待たれる2月のお茶会で重宝されている和菓子です。
うぐいす餅の香りと味わいで、一足早い春の訪れをお楽しみください。

 

 

 和泉の国だより 2017 2月号掲載のお菓子
  • しょこら饅頭

    しょこら饅頭 白餡に、濃厚なチョコレートの味わい。
    しっとりと焼き上げたまるで生チョコのようなお饅頭です
  • うぐいす餅

    うぐいす餅 国産青大豆のからつくる香り高い青きな粉をふって仕上げました。
  • よもぎ大福

    よもぎ大福 伊豆産よもぎをたっぷり使いました。
 和泉の国だより 2017 2月号

●むか新 公式facebookページのご案内

むか新公式facebookページでも、新商品や催事情報を配信しております。
いいね!ボタンをクリックしていただくだけで、フォロー可能です。

 

 

新着情報

カテゴリ